鴬歌は台湾における陶磁器の有名な都市であり、陶土が豊富の上に、石炭やタイワンアカシアなどの窯の燃料が多く採れ、陶磁器にとっては最高の環境と言えよう。しかし、数十年経った今ではかつてのように煙突の煙がモクモクとあちこちから上がっている、ただの生産工場としての窯景色を見ることもなくなり、取って代わったのは、工芸技術の革新と高度化、より高度な芸術性を追求する志向が広がった。70年代から80年代の生産のピークを経て、90年代のこの小さな村、鴬歌は市場と環境の需要により、個性化した作品を目指すようになっていった。このような風潮のなか、必然的にユニークな作品をめざして「個人創作工房」の形態のアーティストが増えていった。

  全ての権利を许朝宗プロセスハウス予約 クリエイティブデザイン戦略雅比斯インターナショナル株式会社